女性

敏感肌にあったファンデーションを選ぶことが重要

逆算メイクで肌負担・減

化粧品

メイクが必須な環境で

たくさんの低刺激処方のメイクアップアイテムが増えるのは敏感肌にとって嬉しいニュースですよね。その反面、職場によってはファンデーションでのフルメイクがルールというところもあり、せっかくの敏感肌向け低刺激メイクは休日だけという人も。敏感肌にとってはファンデーションをつけているときの違和感と落とした時の乾燥や刺激が肌ストレスとなってしまうことが多いようです。夏場は崩れて冬場はカサカサに乾燥してしまうため、ファンデーションも季節によって使い分けが一般的です。春夏は皮脂に強いパウダーファンデーション、秋冬はしっとりしたリキッドファンデーションを使い分けしている方もいますよね。敏感肌のためのファンデーションを誰もが使えれば一番良いのですが、なかなかそういったものは手が出しにくい価格なのも事実です。

コツはメイク前のひと手間

メイク用品で敏感肌を何とかしようとするとあれこれそろえるのにお金も手間もかかってしまいます。そこで、手ごろな価格で敏感肌をファンデーションから守る方法というものがあります。まず必要なものは油性のクリームなどです。とくにメイク前がチャンスですが、まず油性クリームを少し手に取り、手のひらでよく馴染ませてから顔全体に軽く押し当てるようにして塗布します。それから化粧下地・ファンデーションをいつも通りに使ってください。もしベタつくようなら軽くティッシュで油分を取ってからメイクしてくださいね。敏感肌の方は肌が乾燥しやすい傾向があるのでクリームを使って皮脂の役割を増やす事で肌への直接的な刺激を和らげる事ができます。また、ファンデーションをはじめとするメイクアップアイテムのほとんどが油分が中心です。オイルクレンジングと馴染みがいいのはそのためですね。これがクレンジングのときも油同士の融解作用を高めてくれるので、いつもよりラクにメイクが落ちたように感じるかもしれません。

スキンケアのコツと注意点

メイク

肌が普通の人よりも刺激に弱い敏感肌の人は、低刺激の化粧品を選ぶ必要があります。天然素材を原料としているミネラルファンデーションなどは敏感肌にぴったりです。ただし、ミネラルファンデであっても、どんな成分が使われているのか確認してから購入することが大切です。

More Detail

肌に優しいファンデ

ファンデーション

敏感肌の女性は特に肌がデリケートのため、洗浄力の高いクレンジングを使用し続けると肌のコンディション悪化の恐れがあるため、洗顔だけで落とせるミネラルファンデーションを利用する方が増えてきており、肌の調子が良くなったと人気になっています。

More Detail

肌に優しいメイクのために

化粧

敏感肌の人の場合、ファンデーションを隅々にまで塗ることで、肌が刺激を受けることがあります。しかし肌に優しいファンデーションなら、その心配は少なく、むしろミネラルなどにより肌を丈夫にしていくこともできます。洗い流しやすいので、刺激の強いクレンジング剤を使用する必要もありません。

More Detail