花と女の人

敏感肌にあったファンデーションを選ぶことが重要

肌に優しいメイクのために

化粧

肌を守ることも可能

ファンデーションは、色ムラができないように、顔の隅々にまで塗る必要があります。したがって目の下や口の両端といった、肌のデリケートな部分にも塗ることになるのです。そのため、肌が特にデリケートな敏感肌の人の場合、それによって肌荒れを起こしてしまうことがあります。しかし昨今では、敏感肌用のファンデーションも販売されるようになっています。天然由来の成分で作られていたり、無添加だったりするため肌に優しく、敏感肌の人でも肌荒れを気にすることなく塗ることができます。さらに肌にとっての栄養分となるミネラルなども配合されているため、肌を傷めずに使用できるだけでなく、むしろ守ることもできるのです。そのため敏感肌用のファンデーションは、健康な肌をした人からも注目されています。

刺激を与えず洗浄

敏感肌の人の場合、メイク化粧品だけでなく、それを除去するクレンジングによっても、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。洗浄成分による刺激を受けることになるからです。とはいえ、クレンジングをせずにメイク化粧品を肌に残したままにしておくことも、肌にとっては良くありません。ところが敏感肌用のファンデーションなら、軽く洗うだけで除去することが可能となっています。そのため刺激の強いクレンジング剤を使用する必要がないため、そういう意味でも肌を守ることができるのです。日頃から低刺激なファンデーションを使用し、刺激を与えないように洗浄していることで、肌は徐々に強さを取り戻していきます。それにより、やがては敏感肌の状態から脱することも可能になります。